×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

20,000円(税込み)以上のお買い上げで全国送料無料!!
HOME»  新着商品»  【フレミヤン・ロゼ 2021】 シャトー・クープ・ローズ

【フレミヤン・ロゼ 2021】 シャトー・クープ・ローズ

【フレミヤン・ロゼ 2021】 シャトー・クープ・ローズ
フランス、ラングドック ミネルヴォア
ムールヴェードル40%グルナッシュ25%サンソー25%シラー10%


※在庫は常に変動いたします。お気軽にお問い合わせください。

しっかりとした味わいと果実味が程よく調和したロゼ。
ストロベリーのチャーミングな味わいと、ザクロをかじった時に感じられるはじけるような、酸と果実味が特徴です。

  • 【フレミヤン・ロゼ 2021】 シャトー・クープ・ローズ

  • 販売価格

    2,640円(税込)

  • ポイント還元あり
    還元率はお支払方法によって異なります。
  • 在庫

    現在在庫切れとなっています。

在庫切れボタン

  • シャトー・クープ・ローズは400年以上前に創業。1975年に村で最初に自社詰めを始めた歴史あるドメーヌです。現在は、フランソワーズ・フリッサン氏と息子のマティアス氏により、ワイン造りを行っています。シャトーのあるラ・コネットの町は、ミネルヴォワの中でも、非常に高度の高い250m~450mの高地にあります。シャトー・クープ・ローズの畑は、特に条件の良い、30面で構成されており、総栽培面積は30haとなっております。また、畑の中央には古代ローマ人(ROMAIN)や西ゴート族(WISIGOTH)が使用した街道跡が残っており、多くの遺跡も発掘されます。
    オーナーのパスカル氏はロワールのトゥーレーヌ出身で、名門モンペリエ大学にて醸造学を勉強しました。また、ジュラにてワイン造りを経験しています。奥さんのフランソワーズさんは、モンペリエ大学にて農業工学を専行、その後ENITIAAにて、農業における工業学を専攻しました。 ENITIAA卒業後は再びモンペリエ大学にもどり、商学部にてマーケティングを勉強しました。現在は息子のマティアス氏も加わり、親子で力を合わせてワイン造りに励んでいます。
    クープローズの考えは「ワインは畑で造られる」ということ。90年代半ばには実質的にはオーガニックと言っていい自然な農法を採用しました。その3年後にはワインの酸がきれいになり、繊細で引き締まった味わいにワインの変化がみられました。
    リュット・レゾネ(理論的有機農法)
    シャトー・クープ・ローズではリュット・レゾネに基づいた葡萄栽培をおこなっております。肥料は羊糞とチーズで有名なロックフォール村の草で作ります。(ロックフォールの羊が食べる草が農薬を使われてないことが確認されている)また、極力畑に雑草を残すことにより、地中に空気を送り込むと共に、バクテリアの働きを活性化させます。バクテリアは土壌をミネラル分が多く含むものに変化させ、葡萄に多くの栄養分を補給させます。

関連商品