×

CATEGORY

HOME»  地域で探す»  フランス アルザス»  【ミュスカ シャペル 2016】 ルネ・ミューレ

【ミュスカ シャペル 2016】 ルネ・ミューレ

【ミュスカ シャペル 2016】 ルネ・ミューレ
フランス/アルザス
ミュスカ・オットネル2/3、アルザス・ミュスカ1/3

※在庫は常に変動いたします。お気軽にお問い合わせください。

畑は礼拝堂(シャペル)に隣接。ビオディナミ栽培。
クロ・サン・ランドラン直下という恵まれたテロワールから産まれる自社畑の希少なミュスカ。
柑橘
、マスカット、残糖感もありつつミネラルも感じられる白ワイン。
しっかりとした果実味にバランスの良い酸。
日本に僅か120本のみ入荷という貴重なワインです。

  • 【ミュスカ シャペル 2016】 ルネ・ミューレ

  • 販売価格

    3,890円(税込)

  • ポイント還元あり
    還元率はお支払方法によって異なります。
  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • ミューレと彼の子供であるヴェロニクとトーマスは1648年から現在11代目と12 代目となるアルザス、ルファックの生産者です。
    1935年にルネの祖父であるアルフレッド・ミューレが0.35エーカーのクロ・サン・ラ ンドランの畑を家族で単独所有しました。
    ドメーヌの他にルネ・ミューレはルファック地区のワインメーカーとの提携を確立しま した。
    これらのブドウで生産されるワインは、クレマン・ダルザス、コート・ド・ルファック とジェネリックワインです。
    アルザス南部に位置するルファック地区は、ヴォージュ山脈によって非常に低い降水量 (年間平均598ml)と日照が守られている地域です。

    赤:6ha (クロ・サン・ランドラン:3ha) ピノ・ノワール100%
    白;45ha (クロ・サン・ランドラン:19ha)ピノ・ブラン28%、ゲヴェルツトラミ ネール26%、リースリング25%、 ピノ・グリ12%、シルヴァーナ8%、ミュスカ1% 
    年間生産量:約300,000本(内 クロ・サン・ランドラン:95,000本) 

    葡萄が最も優れたテロワールを表現するのは地中の最も深いところであるとの考えか ら1haあたり10,000本という高い植密度で葡萄を植えたり、除草剤の使用をやめて有機栽培を行うなどブドウ 樹の根を地中に誘導し、生きた土壌を造るため畑仕事に主眼を置いています。
    仕立てはギヨー・サンプルもしくはドゥーブル。収穫は手摘みで行い、収穫量は低く 25~45hl/ha程度と非常に低く(アルザスの特級の最大収穫量は70hlまで許可されています)、20kgの小さな 箱で醸造所まで運ばれます。

    発酵は低温でゆっくりと行います。天然酵母によりゆっくりとやさしくワインは醸さ れます。
    発酵後は澱と長期間、接触させる(シュール・リー)ことによりテロワールに由来す るきわだつアロマを生み出します。
    出来る限りの最高の品質を保つために、熟成後にごく軽くフィルター濾過を行いま す。

    『私たちは1ヘクタールあたり約10,000本という植密度で葡萄を植えていま す。
    確かに、現在のアルザスでは1ヘクタールあたり4,000本程度の植密度が一般的 です。
    しかし、150年前のアルザスではどの畑も私たちのような植密度の高さだったので す。
    植密度が下がった一番の大きな理由は大戦後のことだと思います。
    株を均等に植えてコントロールするキャノピーマネージメントの浸透、それによりト ラクターでの土壌の耕作が主流となりました。
    トラクターを畑に入れるには植密度を下げなくてはなりません。
    現在、私たちのクロ・サン・ランドランの畑は畝と畝の幅が約1.3メートル。そし て80センチ間隔で葡萄樹が植えられています。植密度があがれば表土では葡萄樹同士の生存競争が起こり、葡萄は深 く深く根を下ろします。

    クロ・サン・ランドランの畑は日照が強く、非常に石灰質が強い土壌です。
    葡萄が根を深く張ることによって、地上での日照が強くても水分不足になることはな く、葡萄が健全に成熟してくれるのです。真の意味でのテロワールを表現することが出来るのです。
    私たちはこの10年間、ビオディナミ栽培を選択しています。これも健全な土壌を造 り、葡萄樹の根を地中深く下ろすためです。
    そして収穫量を低く抑えることで葡萄は健全に成熟し、テロワールの個性を 反映してくれるのです。』

    (インポーター資料より)

     

関連商品