×

CATEGORY

HOME»  地域で探す»  スペイン»  【ミルジン ブリュット・ナトゥーレ グラン・リセルヴァ 2011】アルタ・アレーリャ

【ミルジン ブリュット・ナトゥーレ グラン・リセルヴァ 2011】アルタ・アレーリャ

【ミルジン ブリュット・ナトゥーレ グラン・リセルヴァ 2011】
スペイン、アルタ・アレーリャ
シャルドネ60%、ピノ・ノワール40%

※在庫は常に変動いたします。お気軽にお問い合わせください。

バルセロナから海岸沿いに20km程北上した海沿いの斜面に位置し、
地中海を臨む斜面にぶどう畑が広がります。
国立自然公園に囲まれ、石灰質土をわずかに含む酸性の砂質土です。


スペインで初めてSO2(酸化防止剤)を一切加えないカヴァを生み出したアルタ・アレーリャ。
常に最高の品質を求め、最高のカヴァを世に送り出す稀有な存在の生産者です!

アレリャにてカヴァ8種と10数種のスティルワインを造り出していますが、フラッグシップといえるこのカヴァ。

ステンレス、木樽にて発酵させた原酒を、60か月瓶内2次発酵・瓶熟させ、従来のカヴァにはなかった傑出した味わいの逸品。
パイナップルなど熟した果実の風味、ブリオッシュやバターの香ばしい香りが織りなす複雑で深淵な味わい。

  • 【ミルジン ブリュット・ナトゥーレ グラン・リセルヴァ 2011】アルタ・アレーリャ

  • 販売価格

    7,560円(税込)

  • ポイント還元あり
    還元率はお支払方法によって異なります。
  • 在庫

    在庫あり

  • ※在庫は確認後お知らせします

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • アルタ・アレーリャは、バルセロナから20km程北上した海岸沿いという独特のロケーションに位置する。
    ワイナリーのあるアレーリャ村は、日頃バルセロナで仕事をしているビジネスマンや富豪が週末をゆっくり過ごす為に来る避暑地でもある。
    東京で云うとまるで逗子や葉山の様な場所である。
    ぶどう畑越しに地中海を望める、実に気持ちの良い景色に恵まれた誰もが羨む風光明媚な場所だ。
     
    また、バルセロナから最も近いD.O.にもかかわらず、アルタ・アレーリャのぶどう畑はナショナルパーク(国立公園)の中にある。
    ここでは建物も自由に建てることは出来ない。豊かな自然が保護された環境の中でぶどう栽培を行っている。

    オーナーのホセ・マリアは、ヴェルモットで有名なマルチニ・ロッシのスパークリングワイン技術責任者を務めた後、醸造コンサルタントとして多くのワイナリーの指導に当たり、1991年妻と共にこのアルタ・アレーリャを設立した。

    この地は灌木の茂った場所だったので、開墾からのスタートだった。
    まず植えたのは、この地の伝統品種パンサ・ブランカ、通称チャレロだ。
    当然初めから栽培はビオ。
    そして10年後の2001年に、記念すべき初めてのヴィンテージをリリースした。
     
    ホセ・マリアの栽培に関する哲学はこうだ。
     
    昔ながらの農業。
    つまり殺虫剤・除草剤・殺菌剤などは使用せず、この土地固有の野生生態系をそのまま生かし、生態系のバランスが自然と生まれるように導くこと。
    醸造に関しては、この地のテロワールとヴィンテージの特徴をそのまま反映するワインを生み出すことだ。
    その為にアルタ・アレーリャでは、更にそれを実現するための有機農法について徹底的に研究し、よりナチュラルで本物のワインを得られるよう常に追求している。

    樽で発酵させた後、瓶内2次発酵を何と60か月も行っている。
    グラン・レセルヴァは規定では30か月瓶熟していれば名乗れる訳だが、
    “ミルジン”はその倍も瓶熟をしているということになる。
    味わいはとても複雑なものであるが、ポテンシャルも群を抜いている。
     (インポーター資料より)
  • また、アルタ・アレーリャはスペインで初めてSO2(酸化防止剤)を一切加えないカヴァを生み出した生産者でもある。
    現在の“ブルエル”であるが、初めて造ったのは2004年、今から10年以上も前のことである。

    “ブルエル”は、実はメトッド・アンセストラル(古式伝来製法)にて造られている。
    どういうことかと云うと、タンクで出来たワインを酵母と砂糖と一緒に瓶へ詰めて瓶内2次発酵させるのではなく、タンクで発酵中のワインがアルコール度10度になった時に瓶に詰め、瓶の中で発酵が終了するのである。
    つまり、シャンパン方式では製法上どうしても培養酵母と糖分を添加しなくてはならないのだが、“ブルエル”は酵母も糖分も酸化防止剤も一切添加することなく、まさに収穫したぶどうのみで造られたカヴァだということだ!

    飲んでみると実に素直な味わいだ。
    人為的なものや化粧っ気が全く感じられない。
    地中海を望むアレリャの風景が目に浮かぶような爽やかな味わいだ。
    アレリャの風土と土着品種パンサ・ブランカをダイレクトに味わえる、そんな魅力のあるカヴァである。

    この”ブルエル“、世界top50レストラン・ランキングでNo.1に輝いた、カタルーニャにある3つ星”カン・ロカ“でもお薦めワインとしてサービスされている。
    (インポーター資料より)

     

     

関連商品